失敗するのが怖いあなたへ【失敗は成功への近道】

「失敗が怖くて何もできません。」と、そう思うのも無理はありません。失敗したら誰に何を言われるか怖いですよね。

でもそのまま失敗が怖くて何もしなければ、成功も生まれません。今回、この記事では失敗することが成功へ近づいているんだとわかる記事になっています。

  • 失敗が怖くて行動できないときは?
  • なにから始めたらいいの?
  • 成功するために必要なことって?

という人におすすめです。

この記事を読むことで、

  • 失敗しても大丈夫だとわかる
  • 小さいことから始められる
  • 成功の近道がわかる

というように、あなたは変わっていきます。

スポンサーリンク

失敗するのが怖いあなたへ【失敗は成功への近道】

失敗したくないと思うのはなぜか?

それは失敗すると、「あいつ失敗したんだって!」「うわっ…かわいそう…」って思われそうだからです。

 

思われそう⇐ここがミソです。

 

人間の脳はネガティブになるように出来ています。それはネガティブになることで、将来突発的な出来事が起こったときに対処できるように心の準備をしているのです。

 

私…ネガティブなんです…

と思うのは人間の本質として、当たり前のことなのです。

 

さて、先ほどの「思われそう」ですが、結局将来のことを考えているだけで、実際には起きてないという事に注目してください。

 

実際に起きてないことを考える

考えようとすると、ネガティブという人の本能が怖い出来事を想像するようにします。

すると、「失敗したらどうしよう。」とか「失敗したら、あの人に何か言われてしまうのでは?」と思ってしまいます。

 

何か始めたいことがある→考える→失敗したらどうしよう怖いからやっぱりやめとこう→結局何もしない

 

失敗と呼ぶなら、何もやらないことが失敗なんじゃないでしょうか?

実際そうなるかは『やってみないとわからない』のです。

 

でも実際に起きたら怖い…

というのも、その通りで、未来は誰にだってわかりません。私がなぜ「失敗はないんですよ」というのかを、次で説明します。

 

失敗は成功のもと

よく言われてきた言葉で、誰もが知ってるのではないでしょうか?この言葉の通り、「失敗は成功のもと」なんですよ。

有名な名言として、発明家で知られるトーマス・エジソンは

私は失敗したことがない。

ただ、1万通りの、

うまく行かない方法を

見つけただけだ。

と残していますし、パラソニックの松下幸之助さんも

どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで

未来もどうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くすことである。

と言っています。

 

そりゃぁ、すごい人だったからでしょ。

という気持ちも、よくわかります。私もそう思ってました。

 

とりあえず少しでいいからやってみる

 例えば…

将来はシェフになりたいな!

と思う人がいたとします。

シェフになりたいと考えすぎると、先ほど述べた負のループにハマっていきます。

シェフになりたい→考えまくる→仕事を辞めたら毎月入るお金がなくなる→失敗したら色んな人にも迷惑がかかるだろう→よしっ!やめとこう!→結局何もしない。

そうならないためには、考えすぎないで小さなことをやるのです。

休みの日はシェフの料理を食べに行って料理を研究してみたり、高級食材を買って調理をしてみたり、できた料理をSNSにあげてみるのです。

 

それなら出来るかも!

大きく考えすぎず、小さなことをやっていくことも大切です。

 

失敗は通過点である

 

でも、やっぱり自分の思い通りにならなかったらどうするの?

そのお気持ちわかります。

私の話になりますが、昔からイラストを描くことが好きだったのでデザインの専門学校に行っていました。

最初は広告を作る仕事をしていたんですが、退職し、看護学校に社会人入学をしました。

デザインと看護師、全く別の職業です。

デザインの専門学校の費用とか、時間とか「なんだったんだろう」って思うこともあります。うまくいってる人をみて、「どうしてあの人だけ?」と思うこともありました。

しかし、そこで出会った友人は数年たっても仲がいいです。

出会いが人を成長させる

寮にも入っていたので、デザインだけじゃなく様々な科の友人とも出会いました。

デザインをしていたから、ブログの画像もサクッと編集できますし、アイコンの絵も自分で描くことが出来ます。

このことからも、「失敗はない」と言えます。

その時は失敗だと思ったとしても、その出来事はあなたの通過点なんだ!とわかる時がくるのです。

 

失敗すると心に残り、経験になる

下記のツイートをしました。

むしろ失敗した方が記憶に残る。記憶とは曖昧なもので、昨日の晩御飯だって、ちゃんと覚えてなかったりする。もし、昨夜のハンバーグを失敗したなぁと思った時は、その記憶が次の日も残っている。失敗と言うけれど、学ぶ為の経験であり、それが失敗になるのはその経験をいかせない時だと思う

失敗した方が記憶に残りますよね。

「なんであの時ミスしちゃったんだろう…」とか。でも、それが心に残っている限りミスの経験が生かされるのです。

 

この前、ここでミスしたから今日は慎重にやろう!

失敗は経験値が増えるのと同じことなのですね。

 

よっしゃ!レベルアップ!!!

失敗するのが怖いあなたへ・まとめ

  • 人間の脳はネガティブに考えるように出来ている
  • 考えすぎると人は行動できない
  • 失敗は成功のもとである
  • とりあえず、小さなことをはじめてみる
  • 失敗はない。通過点であり、経験値が増えるだけ

「あの時は失敗って思ってたけど、のちのち考えたら成功だったな」ってこともあるかもしれませんね。

おすすめ記事 出来ないから出来るに変わる思考の法則【解説します】

最新情報をチェックしよう!