目標達成できない人必見!達成しやすい目標作りの方法

目標ってどんなことを立てたらいいかわからなくて…。

今回は、「必見!達成しやすい目標の立て方」です。

  • 目標を達成できる方法が知りたい
  • 目標の立て方を教えてほしい
  • 達成しやすい目標ってどんな目標なのか知りたい

という人におすすめの記事になってます。

 

過去にアメーバブログで「看護師さんもやっている目標の立て方」という題でも少し書いています。気になる方はこちら

 

スポンサーリンク

目標達成できない人必見!達成しやすい目標作りの方法

 目標が達成しにくいという人は、大きな目標を立てがちです。

目標を立てるときは…

  1. 1日の目標
  2. 短期の目標(1か月~3か月くらいが目安)
  3. 長期の目標(1年~3年くらいが目安)

この1日・短期・長期の3つに分けて書きます。

なぜ3つに分けるかというと

  1. 1日の目標は達成しやすいから
  2. 短期の目標は評価し、改善しやすいから
  3. 長期の目標はたどり着く道筋となるから

という理由です。

 

まず【長期目標】を考えよう

 先ほど理由で説明した「たどり着く道筋」となる長期目標です。

例えば、

1年で本を100冊読むぞ!

という目標にしたとします。

すると、ゴールが「100冊本を読む」なので、12ヶ月で100冊を分けます。1ヶ月で8~9冊の本を読み続ければ、長期の100冊に届くわけです。

こういったように、長期の目標から立てると逆算がしやすくなります。

旅行へ行こうと思ったときにまず考えるのが「どこへ行こう?」ですよね。目的地を決めてホテルを予約して、飛行機などのチケットを予約します。

その「目的地」「長期目標」と同じなのです。

この長期目標がないとブレやすくなり、何を目指していいのか途中で分からなくなります。それを防ぐためにも、まずは長期目標から立てていきましょう。

 

【短期目標】で評価・改善していく

 「1年で100冊本を読む」という長期目標を立てたあと、1か月~3か月の短期目標を立てます。短期目標は「1か月9冊の本を読む」にしてみます。

よし!今月は11冊も読んだぞ!

ということもありますし、

目標にしてたのに4冊しか読めなかったわ…

という事もあるでしょう。

そこで、「評価・改善」です。

「11冊読めた」も「4冊しか読めなかった」というのも何か理由があるはずです。

「11冊読めた」時は、残業が少なかったのかもしれないし、飲み会に参加することが少なかったのかもしれません。

「4冊しか読めなかった」時は、日々の時間配分が難しかったかもしれないし、難しい本を読んでいたからかもしれません。

まずそういった理由を追及して、目標の評価をします。評価したあと、改善した短期目標を立てていきます。

日々の目標もクリアできてるし、今月も9冊のままでいこう!
難しい本ばかり読んでいたのね。もっと簡単に解説してある本を見つけてみましょ。今月は慣れるために目標は7冊にしときましょう。

と、自分に合った目標選択をすることができます。そうすると1年間の長期目標が達成しやすくなります。

 

1日の目標は軽くするのが鉄則

 「1か月9冊読む」なら、大体3~4日で1冊のイメージです。1冊の本のページ数が200ページとするなら、1日50~67ページです。

1日で200ページなんかすぐ読めるよ!

という人は、半分の100ページにしてください。「目標は高ければ高いほどいい」といいますが、1日の目標は違います。むしろ達成しやすく、軽くするのが鉄則です。

1日の目標は、スケジュールに合わせて臨機応変に立てましょう。

「今日は休みだから、ちょっと多めに読もうかな?目標は100ページで!」「今日は残業になりそうだから、目標は30ページにしとこう。」という感じです。

 

最終目標もあればもっといい

 「年に100冊本を読む」の長期目標「なぜ100冊本を読むのか?」を明確にするとより良いです。

例えば「カウンセラーになるために、1年に心理学の本を100冊読むぞ!」にすると、さらにわかりやすい目標になってきます。

 

目標には数字と期限を入れよう

わかりやすく、達成しやすい目標には「数字」「期限」があります。

数字を入れることで、達成しているか、いないかが把握しやすいです。「本を1年に100冊読む」も100という数字を入れています。

すると【短期】も、【1日】の目標も立てやすくなるのです。

そして期限を入れましょう。締切がないと、いつまでにやればいいかわからず、結局やらなかったということになってしまいます。「○月○日まで」と明確な日付を入れておきましょう。

数字が入れにくいと思ったときは、時間で考えてみるのもおすすめです。例えば「本を30分読む」などです。
 

達成しやすい目標は自信につながる

 目標が達成できないと、落ち込んでしまうときもありますよね。

私ってやってもできないのかな…

「自分が立てた目標くらいは達成したい!」と思ったら、今回の方法を試してみてください。達成すればするほど、きっと自信がついてきます。

 

達成しやすい目標まとめ

  • 目標は「1日・短期・長期」の3つで立てよう
  • 立てる順番は長期→短期→1日
  • 目標は評価・改善する。
  • 1日の目標は軽くする。
  • 目標には数字と期限を入れよう
  • 目標を達成すると自信につながる

今回は「必見!達成しやすい目標の立て方」を解説していきました。

目標を思いついたり、目標が達成できたら、ぜひコメント欄に書いていってくださいね♪

最新情報をチェックしよう!