法王アイキャッチ画像

タロットカード・法王のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

今回は、法王のカードの解釈です。

法王のカードはタロットカード大アルカナ、数字の5番のカードになります。ルールに従っていくことの大切さを示しているカードです。

法王が出たときの相手の気持ち・恋愛・仕事の意味を正位置・逆位置と分けて解説していきます。

スポンサーリンク

法王のカードの意味

法王の数字の5は人の指、五体や五感など、肉体や機能を表しています。

ペンタグラム(五芒星)は永遠や神秘性を示しています。星を一筆で書くとき、よく書かれるのが五芒星です。

五芒星は魔除けやお守りに使われます。アメリカにあるペンタゴンのように、五角形は四角より死角がなく、守りやすいと言われているからです。

4は4+1で、四大元素を超えた五大元素とも言われます。(魂など)

木→火→土→金→水の相生もしくは、相剋を表すときにも五芒星が使用されます。

五芒星は桔梗の花にも似ています。

五芒星…二つの意味をもっています。正位置であれば、幸せ・天使です。逆位置だと、誘惑・悪という意味になります。
桔梗の花言葉…永遠の愛・気品

キーワード:精神性・正しさ・道徳心

法王は、教皇や司祭ともいわれます。皇帝は「力」での強さなら、法王は「心」での強さを表します。

皇帝は物質世界の権威の象徴で、法王は精神的な権威の象徴です。

参考記事>>>タロットカード・皇帝のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

法王のカードでは、二人の僧侶に教えを説いています。正しい道を他者に示しているわけです。そのため、他者との関連性もうかがえます。

社会的なルールや道徳心を教え、困っている人を助けるなどの慈悲深い面も見せています。

ウェイト版・法王のカード

ウェイト版の法王は、中央に座り、二人の僧侶に何か話をしています。二人の僧侶もありがたそうに話を聞いています。

女教皇のように柱が2本立っています。しかし、女教皇と違い二つとも同じ色の柱です。後ろの背景も青空や海はなく、灰色です。

参考記事>>>タロットカード・女教皇のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

女教皇の時は初めての試練だったことに対し、法王は人の関係も知った上で、社会的なルールに従い道を選んでいきます。

その先は光がある青空のようなところではないかもしれません。背景の灰色は、目には見えない精神的な部分を示しているでしょう。

  • 二つのカギ…天国の扉を開けることができる
  • 二つの柱…選択肢
  • 背景の灰色…精神性・神の世界
  • 深紅の服…キリストの血の色
  • 僧侶の服:赤いバラ…殉教 白いユリ…純粋
  • 右手…祝福のサイン

精神レベルを上げると神への道がひらけていくのですね。

悪魔のカードは法王と同じポーズをしています。

参考記事>>>タロットカード・悪魔のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

宇宙観・十二宮・生命の樹

宇宙観は金星・十二宮は金牛宮、牡牛座

金星と金牛宮・牡牛座については女帝と同じです。

金星だけ、正義と同じです。

参考記事>>>タロットカード・女帝のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

参考記事>>>タロットカード・正義のカードの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

ライダー版タロット・生命の樹 2⇔4

カバラタロット・生命の樹 (理解)2⇔6(美)

【法王】相手の気持ち・恋愛・仕事

法王のカードが正位置と逆位置で出たときの意味は?

法王 正位置の意味

【正位置】慈悲深い・精神的に高い・親切・アドバイス・同情・頑固・現状を維持する・教えを説く・規則を守らそうとする・社会のルールに従う・正しい道を進む

【相手の気持ち】

「あなたのことを信じます。」「あなたと一緒なら、幸せになれる。」「正式にお付き合いしたい。(結婚したい)」

【恋愛】

結婚を前提にした付き合い。周囲に祝福された結婚。尊敬できる相手。優しく慈悲深い相手。今進んでる道は正しい。関係を維持する。

【仕事】

教師。メンター。新しい組織が作られる。期日を守る。ルールに従った会社。上司が力になってくれる。尊敬できる人と仕事が出来る。正当な対価。あなたにあった仕事に就く。

【アドバイス】

ルールに従って行動してみて!

法王 逆位置の意味

【逆位置】非道徳なことをしている・視野が狭い・孤独・誤りに気づかない・不活発・立ち往生・援助が打ち切られる・マインドコントロール・ルールを守らない・偏った導き
【相手の気持ち】
「マインドコントロールされてるのに気づいてないな。」「結婚相手と別れる気はない。」「お金もってるかな?」

【恋愛】

結婚詐欺にあう。不倫関係。マインドコント―ロールされている。共依存。DVされている。精神的孤独。進まない恋。二股。感情にまかせた行動。周囲からの反対。

【仕事】

騙される。資金が打ち切られる。相手の会社が逃げる。プロジェクトの不成立。計画が偏っている。仕事が進まない。期日を守らない。ブラック企業。

【アドバイス】

間違ってないか、もう一度考えてみて!

haruが考える法王のカード

ここからは個人的解釈です。

法王のカードは学校にいたチェックの厳しい先生みたいです。それか、風紀を守る風紀委員長のようなキリリとした眼鏡ボーイも思い浮かべることが出来ます。

「スカートが短い!髪の毛は黒!」と学校でのルールを教えてくれるのです。この話は極端ですが、社会に出てもルールに従うことは大切です。

法王のカードについてでも説明しましたが、「カギは天国の扉開く」「背景は神の世界につながってる」と”神”を感じさせるシンボルが多いです。

ルール守っているところを”神様”は見てますよということなんですね。善意な行いをすることも神様はみているわけです。

四方よしは神様が見ているという意味

商売では三方よしというお話があります。

三方よし…日本経済が発展するために、経済の哲学として「売り手と買い手が満足すると同時に社会に貢献すること」と考えられている。売り手・買い手・社会で三方よし。

しかし、最近では四方よしになっているのです。

売り手・買い手・社会・”神様”です。「神がOKを出せるような商売をしよう。」という意味になるのです。

このように、法王のカードはルールにのっとって行動していく大切さを示しています。

ルールが厳しくなり法律になると、正義のカードの意味になってきます。

 

タロットカード・大アルカナリンクまとめ

法王アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!