ペンタクルの2のカードアイキャッチ画像

タロットカード・ペンタクルの2の意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

ペンタクルの2のカードは、小アルカナペンタクルの数字の2番のカードになります。

ペンタクルの2は「どちらの道に行くか選択する」というカードになります。

ペンタクルの2が出たときの相手の気持ち・恋愛・仕事の意味を正位置・逆位置と分けて解説していきます。

スポンサーリンク

タロットカード・ペンタクルの2の意味

ペンタクルのカードは土のエレメントで、感覚を司るカードです。

ペンタクルの意味は「タロットカード・大アルカナと小アルカナの構成」を参考にしてください。

数字の2は二相性を意味するカードです。

大アルカナで数字の2は女教皇のカードで、黒と白の柱がかかれており二相性を濃く表すカードです。

>>>タロットカード・女教皇のカードの意味

ペンタクルはお金や信頼を示すこともあり、お金を得るために道を選択するという意味もあります。

>>>人生の選択に迷ったときは隠しコマンドを探そう

ペンタクルの2のキーワード

ペンタクルの2のカードは「未知」「バランス感覚」です。

未知の世界への道を選んでいくような選択を迫られるときもあります。

道に悩むときにこのカードは出やすいです。

2番のカードらしく「どっちにしよう」と2つで悩むという意味も込められています。

ペンタクルの2のカード・ウェイト版

ウェイト版のペンタクルの2は1人の男性が2つのコインを片足立ちでバランスよくもっています。

  • 2つのコイン…選択肢が1つではない
  • 背景の荒波…困難が待ち受けている
  • 楽しそうな男性…楽観的
  • 無限のマーク…無限の可能性を秘めている
  • 二艘の船…どちらを選択しても荒波はくる
  • 手元を見る…周りを見ず、バランスを保とうとしている

なにをするにも無限の可能性を秘めています。

「どちらにしようか?」と迷っていても、結局どちらも困難が待ち受けていることをペンタクルの2は示しているのです。

スポンサーリンク

【ペンタクルの2】相手の気持ち・恋愛・仕事

ペンタクルの2が正位置・逆位置で出たときの解釈です。

ペンタクルの2 正位置の意味

【正位置】選択できない・バランス・回復・変化・楽しみ・楽観的・余暇・現状をキープする・決めてに欠ける・守りがかたい・迷い・未知なるパワー・困難が待ち受ける

【相手の気持ち】

「どっちも好きだから選べない。」「今はまだ恋愛する気になれない。」「ゆっくりと楽しんでいきたい。」

【恋愛】

浮気心。どちらも良くて選べない。関係が進めない状況。冒険よりも守りを重視。告白の返事が保留される。今あるものの良さに気づく。友人が仲をとりもつ。恋愛と仕事が選べない。

【仕事】

自分の知らなかった才能が開花する。仕事仲間のアドバイスで良い方向へ進む。才能をお金に換える。のびのびと仕事ができる環境。基礎を手堅くする。親しき中にも礼儀あり。

【アドバイス】

今は冒険より、安定を重視して!

ペンタクルの2 逆位置の意味

【逆位置】安定している・方向が定まる・困難に耐える・堅実性が増す・モヤモヤする・行き場のないパワー・やりたいことができない・板挟み・気持ちがわからない

【相手の気持ち】

「モヤモヤしていて自分の気持ちがはっきりしない。」「今は好きだけど今後はわからない。」「これが恋愛感情なのか確かめたい。」

【恋愛】

安定に不安を感じる。微妙な相手ばかりと付き合ってしまう。なあなあな状態。将来性のない関係。関係が変化するのを恐れる。空回りのアプローチ。連絡しても返事が遅い。

【仕事】

上司と部下から板挟みにあう。やりたいことがあるのにやれない状況。仕事が合っていない。尊敬する人がいない職場。エネルギーをどこに向けていいかわからない。

【アドバイス】

刺激を求めすぎないで!

ペンタクルの2のカードをもっと考える

私が占いをするとき、彼の気持ちで出てくるカードが多いのがこのペンタクルの2とソードの2です。

その2つのカードが出たときの結果として「浮気している」や「仕事の方が大事」ということが多くみられます。

占いの中で私は、ペンタクルの2のカードは「迷いが出るカード」として捉えています。

ペンタクルの2は迷いのカード

誰しもが迷うことはあります。

「どちらにすればいいかな?」

「どっちにいけば大丈夫なのかな?」

しかし、結局はどちらに行っても困難は待ち受けています。

どちらを選択しても困難はある

例えば、結婚したいと考えているAさんが

・結婚がしたい→好きでもない人と結婚する→結婚生活が楽しくない

・結婚がしたい→でも好きじゃない人と結婚したくない→結婚しないのかといつも言われる

結婚できたAさんと結婚しなかったAさんです。

どちらも苦痛を感じることはありそうですね。

選択した自分をよしとする

ではどうすれば苦痛を感じないのか?

それは選択した自分を肯定することです。

先ほどのAさんの例で言えば、

・結婚したAさん→結婚生活が楽しくない→同じ主婦仲間をみつける

・結婚してないAさん→結婚しろと言われる→独身生活を楽しむ

など、その生活の中での自分の楽しみを見つけていくのです。

どちらを選択しても幸せ

結婚しなかったAさんは結婚した人の気持ちは分かりません。

結婚したAさんは結婚してる人の気持ちがわかるようになります。

どちらに行っても困難はあり、そして楽しみもあります。

自分の選択は正しかったと認め、その中で楽しみを見つけてみてください。

>>>幸せになりたい人が、今日から幸せになる方法

 

リンクまとめ タロットカード:大アルカナ・小アルカナリンクまとめ

>>>ペンタクル一覧

ペンタクルの2のカードアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!