ペンタクルペイジのカードアイキャッチ画像

タロットカード・ペンタクルのペイジの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

ペンタクルのペイジは、小アルカナ・ペンタクルのカードになります。

ペイジとは若者やスタートをきる者という意味です。

ペンタクルのペイジは「見込み」を意味するカードです。

ペンタクルのペイジが出たときの相手の気持ち・恋愛・仕事の意味を正位置・逆位置と分けて解説していきます。

スポンサーリンク

タロットカード・ペンタクルのペイジの意味

ペンタクルのカードは土のエレメントで、感覚を司るカードです。

ペンタクルの意味は「タロットカード・大アルカナと小アルカナの構成」を参考にしてください。

ペイジとは「若者・スタートを切る者・子供・学生」などを意味します。

ペイジ・ナイト・クイーン・キングはコートカード(宮廷カード)と呼ばれています。

ペンタクルのペイジはスキルを学ぼうとする青年で、今から挑戦していく姿があります。

ペンタクルのペイジと愚者のカードとの関連性

大アルカナでは、愚者のカードに似ています。

見込みがあるということは、可能性を秘めているという意味です。

今からスタートしてなに者にもなれるのは愚者のカードの意味と同じです。

そのため、絵柄も反転した愚者のようです。

>>>タロットカード・愚者のカードの意味

ペンタクルのペイジのキーワード

ペンタクルのペイジのカードのキーワードは「多様な可能性」「見込み」です。

ペンタクルのペイジは、豊かさの中にいます。

いい環境の中で育つことで、多様な可能性が見えます。

自分から考えられる環境は大切です。

環境の良し悪しで成長の度合いも変わってきます。

ペンタクルのペイジ・ウェイト版

ウェイト版のペンタクルのペイジは、赤い帽子をかぶり左上のコインを見ています。

  • 赤い帽子…自由
  • 木々…豊かさ
  • 氷山…試練
  • 左上を見る…過去を思い出す・トラウマ
  • 地につく足…行動への躊躇

ペンタクルのペイジのカードと愚者のカードは「可能性」という意味は一緒ですが、行動に移す躊躇いが違います。

愚者のカードは躊躇いなく行動できるのに対し、ペンタクルのペイジのカードは簡単に行動することができません。

目線による行動心理学

愚者のカードは右上を見ています。

右上を見るときは、未来を考えたり、想像するときに見る目線です。

ペンタクルのペイジのカードは左上を見ています。

左上を見るときは、過去にあった出来事やトラウマを考えていることが多いのです。

ペンタクルのペイジの心境としては、「行動したいけどイマイチ行動することができない」と考えているようですね。

一点を見つめて紛らわす

さらに愚者のカードとの比較になりますが、ペンタクルのペイジのカードではコインだけを見つめています。

幅広く見るのが怖いのでしょう。

そこが行動への躊躇になってるのかもしれません。

スポンサーリンク

【ペンタクルのペイジ】相手の気持ち・恋愛・仕事

ペンタクルのペイジが正位置・逆位置で出たときの解釈です。

ペンタクルのペイジ 正位置の意味

【正位置】やる気・見込み・可能性・探求心・集中力・管理・まじめ・遊びを知らない・修行・自負・行動を躊躇する・知的な仕事・妄想・アイデアだけで行動しない

【相手の気持ち】

「付き合ったら結婚しなきゃいけないのだろうか。」「遊びで一緒にいたくない。」「話しかけたいけど足が進まない。」

【恋愛】

ゆっくり関係を進めていく。声をかけるところからはじめる。相手からのアプローチに驚く。妄想するだけで行動できない。良い関係になる可能性を秘めている。まじめな若い男性と出会う。

【仕事】

伸びしろに期待される。見込みのある後輩が入社する。基礎を重視する。スキルアップのために習い事をはじめる。仕事への支援者が現れる。アイデアを話し合いに出せない。即行動に移せない。

【アドバイス】

アイデアが浮かんだら、まずは行動に移してみて!

ペンタクルのペイジ 逆位置の意味

【逆位置】贅沢・見栄っ張り・視野が狭い・反対意見に反発する・プライドが高い・チャンスを逃す・大事なものを見失う・一気に成功を求める・努力を嫌う

【相手の気持ち】

「おごってもらいすぎじゃない?」「連絡が多すぎるな。」「一気に落としたい。」

【恋愛】

見栄っ張りな態度をとってしまう。価値観が合わない。高い理想で出会いがないと思う。人目を気にしすぎる。束縛される(する)。プライドが高い相手と付き合う。相手にお金をかけすぎてしまう。

【仕事】

夢ばかりで実力がともなってない。仕事に集中しすぎて大事なものを見失う。努力してる人をあざ笑う。コツコツと継続することにストレスを感じる。スキルがあるように振る舞う。自分を隠す。

【アドバイス】

ゆっくりも必要、自分の出来るところからはじめてみて!

ペンタクルのペイジをもっと考える

ペンタクルのペイジのカードは、他者からみるとかなり可能性を秘めているのに、本人は行動できないと捉えています。

行動してみたいと思っているのに「失敗したらどうしよう」「過去にこんなことがあった」など、昔のことを思い出している姿があります。

ペンタクルのペイジ・一気にやらない

一気に成功しようすると行動ができなくなります。

例えば、「イラスト描いてみたい!」と考えたとします。

イラスト描くぞ!→めちゃくちゃ上手い人の絵を見る→「あ、無理だ。」
上記のような思考になっていきます。
一気になにかをしようとすると、結局なにもしないまま終わってしまうのです。

日常生活でも一気にやることはむずかしい

例えば、

・ゲームやりたい

・テレビみたい

・料理、洗濯、掃除しなきゃ

・睡眠もいっぱい欲しい

・趣味もしたい

・SNSで話したい

・仕事もしなきゃ

などなど、上記のように考えることありますよね。

色々やりたいことややらなきゃいけないことがあったら、「もういいや、なんだかめんどくさい」と思ってしまいます。

自分でできる範囲で決めればいいのです。

7つの習慣の本では、「緊急ではないが重要なこと」を増やしていきましょうと言っています。

>>>「7つの習慣」という本の感想とまとめ

今の自分に聞いてみる

一気にやらなくて済む方法として「自分は今なにがやりたいか?」を重視することです。

ペンタクルのペイジでは目線は1点集中です。

1点(自分)に集中することも意外に大切なのです。

コーヒーが飲みたいときはコーヒーを飲んでみたり、読書をしたいときは読書をしてみるのです。

自分がやりたいことをコツコツ続けていくだけで、可能性のあるアナタなら、きっと成果が出るはずです。

リンクまとめ タロットカード:大アルカナ・小アルカナリンクまとめ

>>>ペンタクル一覧

ペンタクルペイジのカードアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!