ペンタクルのクイーンのカードの意味アイキャッチ画像

タロットカード・ペンタクルのクイーンの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

ペンタクルのクイーンは、小アルカナ・ペンタクルのカードになります。

クイーンは、女性性や女性の上司、母親などを表します。

ペンタクルのクイーンは「育成」を意味するカードです。

ペンタクルのクイーンが出たときの相手の気持ち・恋愛・仕事の意味を正位置・逆位置と分けて解説していきます。

スポンサーリンク

タロットカード・ペンタクルのクイーンの意味

ペンタクルのカードは土のエレメントで、感覚を司るカードです。

ペンタクルの意味は「タロットカード・大アルカナと小アルカナの構成」を参考にしてください。

クイーンとは「年上の女性・母親・既婚女性」などを意味します。

年上の女性はクイーンで、年下の女性はペイジで出ることがあります。

ペイジ・ナイト・クイーン・キングはコートカード(宮廷カード)と呼ばれています。

ペンタクルのクイーンは「ニヤリ」とした表情を浮かべています。

コインが手に入ったことでの笑みなのでしょうか?

そうなると、したたかな女性とも言えますね。

ペンタクルのクイーンと女帝のカードとの関連性

大アルカナでは、女帝のカードに似ています。

玉座に座り、周りの風景が豊かであるからです。

ただ、ペンタクルのクイーンと女帝では大きな違いがあります。

それは、ペンタクルのクイーンは気持ちの一方通行から両想いなどへ成就するということです。

女帝は一方通行でも、自分が愛するもののためにという慈愛を持っているのです。

>>>タロットカード・女帝のカードの意味

ペンタクルのクイーンのキーワード

ペンタクルのクイーンのキーワードは「育成」「着実に前に進む」です。

ペンタクルのナイトは進まずに待機する姿がありました。

ペンタクルのクイーンは1点に集中し、少しずつ手塩をかけて育てていく姿があります。

育てることで、着実に一歩一歩進んでいくという意味が込められています。

(手塩…自ら色んな世話をして大切に育てたこと)

>>>タロットカード・ペンタクルのナイトの意味

ペンタクルのクイーンのカード・ウェイト版

ウェイト版のペンタクルのクイーンは、玉座に座り1つのコインを抱いています。

周囲には花が咲き、ウサギもいます。

  • ウサギ…子宝、生み出す力
  • 赤と白の服…情熱・二元性の調和
  • 玉座の山羊…豊かさ
  • 赤い羽根…自由
  • 黄色・草花…豊かさ・幸福
  • 玉座…王女の心を表す

玉座はよく見ると角が生えてる天使や、山羊がおり、邪悪なものを感じます。

ペンタクルのクイーンもコインをじっとみつめ、ニヤッとしています。

ウサギを白く塗っていないことから、クイーンは純真な気持ちではない可能性もあります。

しかし、育てるためにはお金がいるという母的強さもあるのかもしれませんね。

ペンタクルのクイーンと山羊

山羊の角は貪欲や肉体関係を表します。

お金の欲望に溺れているときや、お金のために肉体関係になるということもあるかもしれませんね。

山羊座は「堅実家」なので、着実に欲望を満たしていくという意味でも描かれていそうです。

>>>タロットカード・悪魔のカードの意味

スポンサーリンク

【ペンタクルのクイーン】相手の気持ち・恋愛・仕事

ペンタクルのクイーンが正位置・逆位置で出たときの解釈です。

ペンタクルのクイーン 正位置の意味

【正位置】着実性・前進・育成・魅力・魔力・財産・自由・安全・保育・向上心・希望・願望・裕福・穏やか・満足・すべてを受け入れる・実りの時期・現実的な考え

【相手の気持ち】

「魅力のある人だな。」「少しずつでも関係が進めるようにしたい。」「いつ告白しようかスケジュールを立てたい。」

【恋愛】

長いアプローチ期間を経て思いが成就する。豊かさや幸福感のある関係。家族が祝ってくれる。結婚後のプランを立てる。妊娠する。堅実な人との出会いがある。一緒にいることで穏やかになれる。

【仕事】

少しずつスキルアップしていく。着実な努力で信頼を得る。希望した就職先に入社できる。給料がアップし、生活の質が上がる。長期の計画を立てる。プロジェクトの成功。後輩を育成する。

【アドバイス】

着実に進んだ結果を受け取って!

ペンタクルのクイーン 逆位置の意味

【逆位置】不安感・がっかりする出来事・ダメになりやすい時・状況の変化・疑惑・不信感・不確実・だまされる・詐欺・粗悪な態度・欲に走りすぎる・再スタート

【相手の気持ち】

「自分のいないとき何をしているか不安。」「今の関係を終わらせたい。」「恋愛よりもやりたいことがある。」

【恋愛】

欲望にまかせて行動してしまう。周囲の反対。突然別れを切り出される。復縁し再スタートを切る。自信暗鬼になる。出会いがなく孤独を感じる。理想から抜け出せない。マンネリな関係。

【仕事】

内定が取り消される。サポートが打ち切られる。お金に走りすぎ信頼を失う。転勤命令が下される。契約を破棄される。会社への不信感が高まる。プロジェクトの再スタート。体力が落ち動きづらい。

【アドバイス】

もう一度再スタートしてみて!

ペンタクルのクイーンをもっと考える

ペンタクルのクイーンのカードは、カードを読むときに複雑だなと感じました。

なぜかというと1つ1つが絡み合い、色んな意味を表しているからです。

そのことから、女性は一筋縄ではいかないということがわかります。

ペンタクルのクイーンの隠れた気持ち

私だけかもしれませんが、ペンタクルのクイーンの王冠が家系図のようにも見えます。

ウサギの意味も生み出す力や繁栄であり、後世に続けていくためにお金が必要であるとクイーンは感じているのではないでしょうか。

赤と白の服は二元性(女と男・陰と陽・理性と本能など)の調和を意味しています。

考えて動いているのか、本能で動いているのか分からないけど、目標を達成するという女性の強さが感じられます。

複雑な思いを感じることはある

複雑な思いを感じたことはありませんか?

例えば、

・友達が好きな人を自分が好きなって、結局自分が付き合ってしまう。

・本当は付き合いたいのに友達関係のままで続けてしまう。

・後輩に仕事を任せられなくて自分がやるけど、後輩が仕事をしなくて腹が立つ

など、矛盾した気持ちや、どうしようといった思いってありますよね。

あなたは何を求めているの?

複雑な思いって複雑に絡んでしまってるから悩んでしまいます。

1つに絞って考えられないんですよね。

ペンタクルのクイーンは「お金のためなら何でもやる」と思っているようです。

その一点だけを集中して行動してるのですね。

先ほどの例えならば、

・友達が好きな人を自分が好きなって、結局自分が付き合ってしまう。

→友達関係を保てるかが問題。付き合う前に好きになったことを正直に友達に話す。

・本当は付き合いたいのに友達関係のままで続けてしまう。

→相手とどうなりたいのかが問題。恋人になりたい?友達のまま?

・後輩に仕事を任せられなくて自分がやるけど、後輩が仕事をしなくて腹が立つ

→後輩が成長してほしい。時間を作り、一緒に仕事をやってみる。

これには未来でなりたい自分を想像することが大切です。

どういう自分だったら自分のこと好きと思えるのか?で考えてみると、答えが導きやすいです。

>>>自分を変えるには?いい未来を想像し、未来スケジュールを活用しよう

 

リンクまとめ タロットカード:大アルカナ・小アルカナリンクまとめ

>>>ペンタクル一覧

ペンタクルのクイーンのカードの意味アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!