Vroid Studioをダウンロードアイキャッチ画像

VroidStudioをダウンロードして、アバターを作成【初心者向け】

最近バーチャルYouTuberさんを多く見るようになってきました。

私もアバターを自分で作ろうと思い、Live2Dで作ってみたのですが秒で挫折しました…。

しかし、夢(?)は消えず、模索しているとpixivの「Vroid Studio」という存在を知ったのです。

Vroid StudioとLive2Dを使ってみて、

・Live2D…動きや絵が綺麗、でも高度なテクニックが必要

・Vroid Studio…簡単にキャラが作れて初心者向き

と感じました。

私も数時間で出来たので、初めてアバターを作る方でもサクッとできると思います。

公式ページはこちら↓

VRoidプロジェクトでは「3Dという新しい創作に挑戦することを、テクノロジーの力で応援する」をコンセプトに、3DCGア…

スポンサーリンク

Vroid Studioをダウンロードして、アバターを作成【初心者向け】

Vroid StudioはVroid Studio公式ホームページよりダウンロードできます。

※Vroid Studioは現在、無料で公開されています。

Vroid Studioでアバターを作ってみる

早速、私がいつもアイコンで使用しているキャラクターをVroid Studioで作成してみました。

プロフィール画像
Halu
←このアイコンです。

こんな感じになりました。

Vroid Studioをダウンロード画像2

キャラのカラーがピンクなので、ピンクのカーディガンにしました。

服には、サンプル3Dの学生服を使用しています。

マウスで拡大縮小、向きを変えたりすることができます。

(Windows操作)

マウスホイール:上→拡大 下→縮小 押したまま→移動 

右クリックのまま動かす:回転 

くるくると回転させながら、アバターが作れます。

Vroid Studioはアバターにそのまま描き込める

Vroid Studioはアバターにそのまま描き込めるので、好きな顔が表現しやすいです。

Vroid Studioをダウンロード画像2

液晶タブレットやタブレットを持っている方は、作成しやすいです。

ちなみに、私は液タブでWacomの13インチ(旧型)を使っています。

今は新しいものが出てますね。

髪の毛もサンプル3Dから作れる

髪の毛もペンツールで描くことができます。

今回は、サンプル3Dの髪にちょっと手を加えただけで出来ました。

Vroid Studioをダウンロード画像3

緑の点で長さの調節ができ、前髪など毛先の細さも変更することができます。

色も好きな色に変更可能です。

ニットの色の変更

サンプルでのニットは紺色なので、ピンク色に変更しました。

エクスポートで画像保存→CLIPSTUDIOで色変更→インポートです。

Vroid Studioをダウンロード画像4

CLIPSTUDIOの選択ツールでニットを選び、色調補正・ピンクの色を乗算してピンクのニットの色になりました。

Vroid StudioとLive2Dとの比較

Live2Dで作ったときは、レイヤー分けがかなり大変でしたが、Vroid Studioは3Dのサンプルを少し変えるだけで上記のようなアバターが作成できました。

Live2Dでは時間がかなりかかって、出来たのは目を動かすくらいでした。

半目が怖すぎる…!

Halu
私には難しすぎました…

とはいえ、Live2Dはイラストから作れるので、細かい部分を表現したい方にはおすすめです。

Live2Dは職人さんに頼みたいですね。

Vroid Studioでアバターを動かしてみる

アイコンキャラ完成しました!!

ポージングも色々あって動いてるところを見ると感動します。

作ってみて、髪の動きや口の中の再現も素晴らしいと感じました。

Vroid Studioをダウンロードして、アバターを作成【初心者向け】:まとめ

Vroid Studioアバターを作ってみて、初心者にはかなりおすすめだなと感じました。

服が作れなくてもフリーで配信している方もいるので、自分の好きな顔だけ作れればアバター完成します。

Vroid Studioをダウンロード画像5
Halu
ブログの吹き出しアイコンにもできますね!

今後は自分のアバターで動画を撮れるように勉強してみます。

ペイントツールのスタンダード【CLIP STUDIO PAINT PRO】

CLIPSTUDIOの3Dとしても使えるといいな…!

Vroid Studioをダウンロードアイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!