ソードの10のカードの意味アイキャッチ画像

タロットカード・ソードの10の意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

ソードの10は、小アルカナ・ソードのカードになります。

ソードの10は「苦悩の終わり」という意味のカードになります。

ソードの10が出たときの相手の気持ち・恋愛・仕事の意味を正位置・逆位置と分けて解説していきます。

スポンサーリンク

タロットカード・ソードの10の意味

ソードのカードは風のエレメントで、知性や文化を司るカードです。

ソードの詳しい意味は「タロットカード・大アルカナと小アルカナの構成」を参考にしてください。

ソードの10の数字の意味

ソードの10の「10番」は、10桁の始めの数字です。

9から10にステップアップすることから、次のステージの始まりを意味します。

ソードの10では、辛いことが終わっていくことを示しています。

ソードの10と運命の輪のカードの関連性

大アルカナの10番は運命の輪のカードで、「ターニングポイント」を表します。

ソードの9までは、悩みに悩んだ姿が描かれており、辛いときに出やすいカードになっています。

ソードの10では、その悩みを乗り越え、一歩成長した自分自身があることをが表されます。

>>>タロットカード・運命の輪のカードの意味

>>>タロットカード・ソードの9のカードの意味

ソードの10のキーワード:克服・自己成長

ソードの10のカードは、悩むことを乗り越えた「克服」や「自己成長」の意味を持ちます。

悩みや問題がなければ、自己成長もありません。

悩み悩んで乗り越えた数だけ、強くなれるのです。

正位置では、まだ悩んでるときを、逆位置では、光がみえてくるときを表しています。

ソードの10のカード・ウェイト版

ウェイト版のソードの10は、10本の剣が人に刺さっている様子が描かれています。

  • 倒れた人…自分の過去
  • 剣が刺さる…決別する
  • 夜明け…新しいステージ
  • 暗い…悩み・辛さ
  • …試練

パッと見ると暗いイメージで怖いカードに思えますが、夜明けが見えています。

辛い過去の自分と決別し、新たな自分になっていくという意味が込められているのです。

大アルカナの死神のカードに似ていますが、全体的な転機ではなく、ソードの10は自分自身の転機にフォーカスしているカードと言えます。

スポンサーリンク

【ソードの10】相手の気持ち・恋愛・仕事

ソードの10が正位置・逆位置で出たときの解釈です。

ソードの10 正位置の意味

【正位置】苦痛・悲しみ・失望・別れ・弱さに向き合う・問題・悩み・気持ちの解放・衝突・失敗・リストラ・破滅・破産・過ち・逃げたい気持ち・しんどさ

【相手の気持ち】

「別れると決意した。」「逃げないであなたと向き合いたい。」「あなたを悲しませることになったとしても自分の気持ちを告げたい。」

【恋愛】

悩み抜いた先の決意。アプローチが失敗し続ける。ケンカ別れをする。依存してしまう。やめたいと思いながらも関係を続ける。相手の行動に疑問を感じ苦しむ。本当の自分を見せられない。

【仕事】

失敗が続き自分に才能がないと嘆く。リストラされる。失職。収入がなくなる。優秀な人と比べられる。仕事から逃げ出したい気持ち。職場の人間関係に苦痛を感じる。上司と衝突する。

【アドバイス】

どんな問題も冷静に捉えてみて!

ソードの10 逆位置の意味

【逆位置】大胆な行動・目的に近づく・新しいはじまり・長い苦悩の終わり・解放感・経験が生かせる・清算・晴れやか・自由・精神的な成長・もっとも暗い時期を越える

【相手の気持ち】

「2人の中で秘密は作りたくないから、思い切って聞いてみよう。」「出会いに感謝したい。」「あなたと一緒に過ごしたからこそ今の自分がある。」

【恋愛】

自分の気持ちに正直になる。吹っ切れる。髪を切ったりファッションやメイクを変えてみる。自分を見つめ直す。別れて新しい関係が築かれる。思い切って話をすることで仲が深まる。新しい出会い。

【仕事】

新しい計画に練り直す。自分の失敗した所を反省する。上手くいかなかったところのデータを分析する。ビジネスをはじめる。心機一転しやり直す。はじめてのジャンルでの仕事をする。

【アドバイス】

過去の経験が生かされると知って!

ソードの10のカードをもっと考える

ソードの10の意味は身に染みてわかります。

私もどん底の生活から立ち上がった一人です。

きっと、どん底のときに占っていたらソードの10が出ていたことでしょう。

過去の経験が今に生かせる

どん底にいたからこそ、どん底の生活がどういったものであるかわかります。

辛い経験があったからこそ、相手の気持ちが理解できるようになったのです。

どん底だったからこそカウンセラーの資格取得した

心理カウンセラーの資格を取得したのも、占いをするようになったのも、自身のどん底生活がキッカケだったのです。

もしも、どん底でなかったら、きっと心理カウンセラーも占いもやってなかったことでしょう。

このブログもどん底生活があったから、開設できたのだと感じています。

どん底の真っ只中では難しいこと

「あなたのその辛い経験は未来に生かされていきます!」といわれても、どん底の真っ最中の時はそれどころではありません。

まずは、自分がこの生活から抜け出すんだという決心が一番最初にくるのです。

抜け出す気持ちがなければ、全くもって前には進みません。

自分で決意すること

他人を変えることは難しいと言われていますが、その通りです。

つらいときは、もっと殻に閉じこもっているので、自分自身で変えようと思わない限り変わりません。

まずは道筋を立てることが未来につながる一歩です。

例えば、恋愛です。

出会いがない → 合コン行くのもしんどい → つらくなっている

という人がいるとすると、恋愛の目標である「付き合う」をまず分析します。

・なぜ恋人が欲しいのか?
・理想はどんな人なのか?
・恋人と具体的にどういうことがしたいのか?
仮に理想のタイプに「文系男子」と出たとしたら、スポーツをしてる肉体系男子と合コンしていたら出会いはないですよね。
分析することで、自分の理想とかけ離れた場所で合コンをしていた事実を知ることができます。
そうすることで、漠然と悩んでいたことが「文系男子と出会いがあるようにするには?」と考え方や行動を変えていくことができるのです。

どん底のときこそ考えてみる

私もそうですが、悩むときは相手ありきで考えます。

相手が変わらないと悩みは増える一方です。

しかし、自分自身に注目し自分の考え方や行動を変えることで、少しでも悩みが解決するかもしれません。

「自分はどうしていきたいのか?」ここが一番のポイントなのです。

 

 

リンクまとめ タロットカード:大アルカナ・小アルカナリンクまとめ

>>>ソードのカード一覧

ソードの10のカードの意味アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!