ソードのエースのカードの意味アイキャッチ画像

タロットカード・ソードのエースの意味【相手の気持ち・恋愛・仕事】

ソードのエースは、小アルカナ・ソードのカードになります。

ソードのエースは「知性」を意味するカードになります。

ソードのエースが出たときの相手の気持ち・恋愛・仕事の意味を正位置・逆位置と分けて解説していきます。

スポンサーリンク

タロットカード・ソードのエースの意味

ソードのカードは風のエレメントで、知性や文化を司るカードです。

ソードの詳しい意味は「タロットカード・大アルカナと小アルカナの構成」を参考にしてください。

エースは「1番」を表し、スタートを意味します。

大アルカナでの数字の1は「魔術師のカード」で、色んな物を創造してるところが描かれています。

ソードのエースは、知識を得ることへのスタートを意味するのです。

>>>タロットカード・魔術師のカードの意味

ソードのエースと女教皇のカードとの関連性

大アルカナでは、女教皇のカードと似ています。

女教皇のキーワードも気づきや知性です。

ソードのエースと女教皇の違いを言うと、「行動」と「静止」です。

ソードのエースは行動していく中で知性を得ていきます。

>>>タロットカード・女教皇のカードの意味

ソードのエースと正義のカードとの関連性

ソードのエースの剣は正義のカードとも似ています。

正義のカードのキーワードは正しさや決断です。

ソードのエースは、剣を王冠に貫いているところから自分の正しい道を突き進むという意味があります。

>>>タロットカード・正義のカードの意味

ソードのエースのキーワード:知性・叡知

ソードのエースの意味は知性や叡知です。

四字熟語に聡明叡知(そうめいえいち)というものがあります。

聡明叡知は聖人がもつ四つの徳のことを表します。

すべてのことを聞き分け、すべてのことを見分け、すべてのことに通うじ、すべてのことを知っているという意味です。

ソードのエースは聡明叡知になるためのスタートを示しているのです。

叡知…真理を捉える。道理を知った深い知性。

ソードのエースのカード・ウェイト版

ウェイト版のソードのエースは、雲から手を出し剣を握っています。

その剣には王冠があり、王冠からは植物が生えています。

  • 王冠…高い地位や目標
  • …試練
  • 雲の灰色…不安・内観
  • 手の白いオーラ…情熱・やる気・エネルギー
  • 植物…さらなる成長
  • まっすぐな剣…力・判断を下す・厳正

剣は真っ直ぐ上に立てられています。

ソードのエースのキーワードである「叡知」は道理や真理を知った知識です。

自分が正しいと思った道を貫き通すという意味が示されているのです。

スポンサーリンク

【ソードのエース】相手の気持ち・恋愛・仕事

ソードのエースが正位置・逆位置で出たときの解釈です。

ソードのエース 正位置の意味

【正位置】社会的地位の獲得・コミュニケーション・言葉・法律・支配・服従・力・知性・叡知・主義・決意・決断・野望の達成・チャレンジ

【相手の気持ち】

「あなたに連絡するって決めた!」「他の人との関係は断ち切る。」「もっとあなたと話がしたい。」

【恋愛】

メッセージのやりとりがスムーズに進む。冷静に相手をみることができる。勉強会やセミナーでの出会い。友人から関係がスタートする。話をする機会が多くなる。気持ちが伝わる。

【仕事】

新しい知識を得る。プレゼンの成功。コミュニケーションが円滑に進む。チャレンジできるチャンスが訪れる。ムダな出費をカットする。SNSのつながりで仕事が見つかる。

【アドバイス】

人に説明する力を身につけて!

ソードのエース 逆位置の意味

【逆位置】危険・気まぐれな行動・犠牲心・妨害・反対・敵が多い・間違った知識・認めてもらえない・落胆・気持ちが伝わらない・苛立ち

【相手の気持ち】

「何考えてるのかわからない。」「自分の思ったことが上手く伝わらないんだよね。」「自分なんか相手にしてもらえないだろうな。」

【恋愛】

思った感じと違う反応。言葉で相手を傷つける。孤独を感じる。周囲の反対にあう。返事が来ずいら立つ。一方通行に気持ちを押し付ける。気持ちを理解してもらえない。

【仕事】

考えがまとまらない。気まぐれな行動で失敗する。犠牲心で働きストレスが貯まる。データ不足での会議。炎上する。批判される。説明をわかってもらえず落ち込む。

【アドバイス】

執着せず、一度手放してみて!

ソードのエースのカードをもっと考える

ソードのエースは知性や叡知(えいち)を意味するカードです。

自分の正しいと信じてる道を突き進んでいくことを示しています。

自分が信じる道へ

自分が正しいと信じた道へいくとき壁に当たります。

それは「そんなことして大丈夫なの?」とか「なんでそんなことしてるの?」などの他者のアドバイスです。

そう言われるとやはりグラついてしまいます。

その時に必要なのが、自分軸です。

自分のコンパスをみつけておく

地図を広げても行き先がわからなかったら迷ってしまいます。

目的地とコンパスがあれば、迷う事がなくなります。

自分の中で何を目的として行動していくのか?その自分軸が必要です。

自分軸をみつけるためには、自己分析がおすすめです。

>>>【メモの魔力】自己分析1000問のやり方

自分軸は何か?

もしも目標としている人がいたとしても、その人がなにを目的としているかはわかりません。

・自分軸が「時間が欲しいためから働く」

・相手の人の軸は「お金が欲しいから働く」

今の行動が一緒でも軸が違えば、やり方や未来も変わってくるのです。

>>>マネするメリットを最大限にいかすには?【デメリットを知ろう】

やり方が変わる

戦略みたいなものですね。

例えば、

・ボロボロになってもいいから勝つ!

・みんなの安全を保って勝つ!

「勝つ」ということは一緒ですが、それまでのやり方が違います。

最終的に、自分が一番満足いく「やり方」はどんなものなのか?を考える必要があるのです。

 

 

リンクまとめ タロットカード:大アルカナ・小アルカナリンクまとめ

>>>ソードのカード一覧

ソードのエースのカードの意味アイキャッチ画像
最新情報をチェックしよう!